夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部真里子批評会
服部さんの『行け広野へと』批評会に行ってきました。

行ってみると大盛況でしたが、パネラーの批評に別の視点を示唆されて、よい会でした。パネラーは水原紫苑さん、染野太朗さん、吉田隼人さんに、司会が田中槐さん。槐さんの安定感。

個人的には染野さんの(以下藪内の主観的な略)

〈名詞が目立つ、と思われがちな歌集だが、むしろ助詞が特異であることが発端となって、名詞同士のぶつかり合いに似た関係性が生まれている〉

という指摘がなるほどと思いました。

「戦って勝つために生まれた」などの歌がキリスト教的であるという指摘もありました。

次の日に謎のメンバーで歌会をして、飲んでから帰途につきました。

スポンサーサイト
指掛けて靴をそろえる一瞬のうつくしい世界の氷づけ  
                       服部真里子『行け広野へと』


 玄関をくぐり、中に入る。それに扉が遅れて閉まり、外に満ちていた鳥や風の音が、ふと小さくなる。そして、靴を脱ぐ。脱いだ靴にかがんで指を掛けて、揃えようとする、その一瞬。身のめぐりの世界のほんの一部を、ごく素朴で無意識な、一瞬の習慣によって揃えようとすること。そのような素朴さに集中力がかかればかかるほどに、詩人とよばれる人々の感覚は、そこ以外のすべてへと、反・集中力のようなものを動員できるのかもしれない。一瞬の素朴な集中、だからこそその裏側へと急激に広がる、極めて〈集中射程外〉的な凍て付いた世界。それは「0への収束」と「∞への発散」の関係とも似ている。しかしながら、「氷づけ」は凍り付くのとは違う。水による冷凍。みずみずしい世界停止。この一瞬のなかで、世界は停止しながら息づいている。

星が声もたないことの歓びを 今宵かがやくような浪費を
引き金のようにそこだけかがやいて沈丁花咲く父の傍ら
野ざらしで吹きっさらしの肺である戦って勝つために生まれた
王国の領土のようで誰ひとり拾えないコピー用紙に光
夕映えのうみ前にして目薬を差せばことごとく外れて頬へ
エレベーターあなたがあなたであることの光を帯びて吸い上げられる

 私が服部さんの歌に感じるのは、そのような、息づく世界停止である。

 (2014.9.15 本阿弥書店 2,000円)


イヤホン
先日京都駅を歩いているときに、イヤホンのゴムの部分が無くなっていることに気付いたので、すぐにヨドバシカメラに新しいものを買いに行った。二時間ほどかけていろいろ聴き較べをしてみたのだが、そこで別格に素晴らしいなと感じるものを見付けた。

値段は1万円強。機体が大きすぎる(私は重くてよく落ちるイヤホンは大嫌い)し、ちょうど手持ちが無い。やっぱり諦めようかとも思ったが、しかし何度聴いても素晴らしい。低音から高音への移行が非常に滑らかで、飛行機の離陸のときのようなソリッドな重力を感じる。というわけで、やっぱり近場でお金を下ろしてきて買ってしまった。

東芝のRZES70というモデル。マイナーなようだが、特にロックの重低音・クラシックが映える。よく耳から落ちるけど。。


そういえば、『うた新聞』に巻頭評論「ほとんど錯覚に近い、幽かな」をのせていただきました。よく語られるリアリティというものについて、リアリティの本質的性質とは何か? リアリズム失効の時代にリアリティという批評は意味を持つのか? など、検討した文章です。よろしければ、お読みください。
率5号について
「率」の5号が出ました。
特集は「インターテクストの短歌史」。先行歌人と後進歌人との影響関係について、師を(作品的位相において)殺して超えてゆく、という今までの「師弟関係」的なバイアスをとっぱらって考えてみようじゃないか、という特集です。吉田隼人さんの塚本邦雄・寺山修司論(前前号では寺山の作品の引用性を「順列組み合わせ」によって照射して楽しかった)、永井祐さんの土屋文明論、近藤健一さんのやまだ紫と河野裕子など、すごい号になっていると予想します(まだ見てない)。

僕は「岡井隆ノート2 (後期岡井と土屋文明における無造作さと切断、〈裸体の回想〉的文体について)」ということで、斉藤斎藤さんの岡井隆論への反論を杖にして、土屋文明の文体技術と岡井のそれをすこしばかり較べてみる、という小論を書かせて頂きました。近年の岡井への明晰ですばらしい批評たちが、しかし「文体」や「私=一人称的キャラクター」という地点に留まってしまっており、岡井の本当に目指しているのであろう核を却って見失ってしまっているんじゃないか、という危機意識によって書かれています。その核というのは、ここでの明言は避けますが、「裸体の回想=いき」、の向こうにあるんじゃないかなと。また、隼人さんは巻頭言で、岡井を師弟関係・純粋培養アララギアンとして象徴的にお書きになっていますが、その用い方は少しだけ不正確だなと思ったので、本文章にはそこへのアンチとしての意味合いも持たせてあります。

まだ文フリでしか手に入れられないようですが、またこちらの手に入ったら、おっしゃってくださったら送る、という形に出来ると思います。

他には、作品50首「ラブ」も載せてもらってます。歌ができてしょうがないときの作品です。

よろしくお願いします。
卒業
随分日をまたいでしまいました。梅が美しい時節になりましたね。
何とか大学院を卒業できることとなり、京大短歌最後の合宿・追い出し歌会をつい最近終えてきたところです。京大短歌伝統の「追い出し歌会」、今年度は160首超が集まるというすさまじいものになりました。折り句やアナグラム、返歌の入り交じる歌稿を4時間くらいかけて(談笑しながら)こなしました。笠木さんの私への歌が特別扱い(分けられて七首)で、ゐゑーゐ!

終った後は恒例の「くれない」で吐くまで飲んで、カラオケをして解散。

思えば大学の二回生の春に入ったので、五年間お世話になったことになります。最初の頃は先輩に多くdisられることで成長できましたし、三回生のときには笠木さんと大森さんと三人で歌会をやったことが今でも思い返されます。それからは、多くの後輩と衝突したり馴れ合ったり。私には勿体のない、すばらしい後輩ばかりでした。いいことも悪いこともにくしむことも多くありましたが、いまとなってはすべてが殺したいほど美しいし、なでなでしたいほど愚かしかった。京大短歌という或る程度クローズドな場のことをラブることが、或る種の暴力性を(入れない、入らない人たちに対して)押し付けてしまうのは分かっているのですが、それでも、好きなので。。

今年は四人(廣野、小林、笠木、藪内)が卒業するので、不安だという後輩の声もききますが、今の歌会を見ている限り、大丈夫だと思います。まさに新風ってかんじで、自分がそうだったときに較べると随分頼もしいです……。批評がすこし、面白さ(読みの可能性を拡張させるタイプの読み)寄りなのが気になりますが。

これからは同人誌「率」「ネヲ」、結社「塔」でやっていく方向になりそうです。「方向」が「彷徨」になってしまっても、それも良し!



じん、と学生は終はるしはかないしただただ桜日和だし今日

(折り句:じん せい は た び)
はかないし=儚いし、吐かないし、は(wa)悲し
今日=今日、京(都)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。