夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指掛けて靴をそろえる一瞬のうつくしい世界の氷づけ  
                       服部真里子『行け広野へと』


 玄関をくぐり、中に入る。それに扉が遅れて閉まり、外に満ちていた鳥や風の音が、ふと小さくなる。そして、靴を脱ぐ。脱いだ靴にかがんで指を掛けて、揃えようとする、その一瞬。身のめぐりの世界のほんの一部を、ごく素朴で無意識な、一瞬の習慣によって揃えようとすること。そのような素朴さに集中力がかかればかかるほどに、詩人とよばれる人々の感覚は、そこ以外のすべてへと、反・集中力のようなものを動員できるのかもしれない。一瞬の素朴な集中、だからこそその裏側へと急激に広がる、極めて〈集中射程外〉的な凍て付いた世界。それは「0への収束」と「∞への発散」の関係とも似ている。しかしながら、「氷づけ」は凍り付くのとは違う。水による冷凍。みずみずしい世界停止。この一瞬のなかで、世界は停止しながら息づいている。

星が声もたないことの歓びを 今宵かがやくような浪費を
引き金のようにそこだけかがやいて沈丁花咲く父の傍ら
野ざらしで吹きっさらしの肺である戦って勝つために生まれた
王国の領土のようで誰ひとり拾えないコピー用紙に光
夕映えのうみ前にして目薬を差せばことごとく外れて頬へ
エレベーターあなたがあなたであることの光を帯びて吸い上げられる

 私が服部さんの歌に感じるのは、そのような、息づく世界停止である。

 (2014.9.15 本阿弥書店 2,000円)


スポンサーサイト
新年
明けましておめでとうございます。
しびしび更新していくつもりなので、今年もよろしくお願いします…。

それはさておき、新年〔sinnnen〕と打とうとしたら深淵〔sinnen〕と打ってしまいました。まさしく、[去年今年貫く棒の如きもの](虚子)であれば、去年と新年を繋ぐ「棒の如きもの」の崖下には深淵が横たわっていることでしょう。しかしながら深淵に虞れながら歩みゆくときにその一本の「道」は「未知」、震えるくらいエロティックな未知の道になります。願わくば、この一年そのものが未知の道になりますように。



一月の光りゆたけきゆきのなか傘もわたしもひらかず行かう





お知らせ
メール、御依頼などは以下のアドレスか、twitterアカウントYabu_Snakeまでお願い致します。(註:左端のCは装飾であり、アドレスには含まれておりません。)

designmail.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。