夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川10月号・佐藤佐太郎特集に寄せて
角川10月号。「霊喰ヒM」50首を載せていただきました。提出後、一首一首に○や?を付けてくださったりなど編集部のかたがたの御陰もあって、自分の中ではかなり前衛なものに仕上がりました。角川の50首は三作目。(たぶん最後。)


それはさておき、今号は佐藤佐太郎特集。彼の歌はおごそかで静謐で、でもそこには最高にカッコいい信念が見え隠れしている。力のこもった文章が多く、読んでいておもしろかった。

 つちひくく咲きて明らけき菊の花音あるごとく冬の日はさす  『帰潮』

精確に書かれてこそいないが、地面すれすれに咲いた花の生命力を感じる。「tutihikuku」のuの口ごもる感触から「sakite akarakeki」という響きへと到る、韻律が作用しているのかもしれない。佐太郎の眼は、地面ひくくに咲いている花を、見逃しはしない。「音あるごとく冬の日はさす」が、ここに雑音は無い。

 かいくだり来る人ありてひとところ踊場おどりばにさす月にあらはる  『地表』

勿論、このようにポエティックな把握の歌も作りうる。人が「上り」ゆくのではなくて、「くだり来る」のだというところに、何というか、じんとしたものを感じざるを得ない。

 秋分の日の電車にて床にさす光もともに運ばれて行く  『帰潮』

佐太郎は、人をうたうときも、花をうたうときも、常に厳かな対象化を忘れない。むしろ、その対象化=自らとの引き離しにより起こる一種の真空状態によって、電流のような緊張感を歌に与えていることが多い。しかしながらよくみると、彼の歌にはあたたかい目が、ヒト、自然、他の種々へとほぼ対等に(この対等さを、私は愛して止まないのである!)向かっていることがわかる。掲歌がすごいのは、「光もともに」の「も」だ。凡百の作り手ならば、「光とともに運ばれて行く」とし、無意識下で一首の主人公、メインの登場人物を「私」に設定してしまうところだ。佐太郎はそんなことはしない。彼にとってはおそらく、「地ひくき」花も、「床にさす光」も、ともに一首に血を与える心臓であり、たったひとりの主人公なのである。素晴らしい。


スポンサーサイト
杉村昭代の歌
水の中に少しゆがめる鍋の形疑えばすでに疲れておりぬ
父と母のいさかうに泣きていし少年光る眼をして出でゆきしかな
どくだみの芯たちまちに濡らしつつ巡りの雨は青く光りぬ
美しく墓石並べる墓地ありぬ淋しさは死後にも続きてゆかん
焙らるる魚の眼に噴く塩見つつ何に重たき想いわが持つ
黄の手袋失いし故その逢いを忘れずにいる我かも知れず
奪われて耳朶あつく伏せしより軋みて雪はわが為に降る
思いきり憎まれており麦星は麦のいろしてまた巡りきぬ
海に行きたがる少年と土砂降りの雨ときらきらし我に真向い
おぼつかなく闇にすがれる螢の火と汗ばまぬわが掌と夏ひそかなり
少年のあなたが海を欲しがりし海よおだやかな愛の冒頭
うっそりと茶をのむ人が言う時に烈しさは胸をそれてしまいぬ



杉村昭代(のちに尾田昭代)は1957年夏に高安和子から葉書をもらい、「塔」に入会した歌人。「塔」誌掲載は同年11月から。82年に歌集『雪炎え』(昌栄印刷株式会社)を上梓、「塔」、同人誌「斧」、角川「短歌」誌掲載の歌を収録している。ちなみにこの歌集は滋賀県立図書館で閲覧可能。掲歌は「塔」バックナンバーから。

もしくは私の手癖なのだろうか、琴線に触れる歌を抜き出すと、不思議と光の歌が多いことに気がつく。しかしそれは私の使うようなやわな光ではなく、〈父と母のいさかうに泣きていし少年光る眼をして出でゆきしかな〉この「光る眼」(目、ではないことにも注視しながら)のもつ根源的な淋しさと強さなのである。第二句・三句の韻も個性的で、母音iだけを黒丸とすれば、[●○○○●○●○ ●●○○○]となっており句跨りによって半分断された「泣きていし」という一語のほとりで、少しずつ丁重に詰まっていくi音を私の耳は聴くのである。
また、〈思いきり憎まれており麦星は麦のいろしてまた巡りきぬ〉に於いて麦の熟れる頃に出るというアルクトゥルスの輝きに対置されるのは憎しみ、しかも「思いきり憎まれており」というざっくばらんな言い口の憎しみなのである。
〈海に行きたがる少年と土砂降りの雨ときらきらし我に真向い〉音韻版慣性の法則で次へゆきたがる音を何度もストップさせる定型の切れ、が巧みに土砂降りの前にたたずむ全力の少年を表している。まさしく、この現象はきらめきだ。
彼女は「愛」を主題としていた。そう、自身で強く思い込んでいたのかもしれない。しかし私は、それは間違いだったのだと断言したくなる。なぜなら、愛とはただの言葉だから。ほんの少し解析するだけで、彼女の韻律に個別で特徴的な顔つき、表情を発見することができる。私はその、幾つかの表情をこそ愛したい。

「塔」13.05からの雑感
たまには結社誌のことも書いてみたい。5月の「塔」誌は高安国世生誕百年特集号。まだ読んでいる途中であるが、かなりおもしろい。先ず言っておきたいのは、私は高安国世を殆ど良いと思っていないという事実である。その上で猶、この特集には惹きこまれる部分が多かった。

次々にひらく空間 音もなきよろこびの雪斜交はすかいに降る  高安国世『朝から朝』

この一首には、「車の免許を取った高安が、運転することによって眼前に次々とひらいてゆく空間と、横を斜交に降りすぎてゆく雪とを描写することで、その喜びを表している」という永田和宏による解釈が有名だが、本誌座談会において永田淳は次のような解釈を提示している。〈永田(淳):これは傘を開いていくんじゃないんですか。傘によって空間ができていくというふうに僕はとってましたけどね。〉私にはこの解釈が非常に魅力的におもえる。前者の解釈は、あまりに理が勝ちすぎる。文学の研究者のように、歌の作者の実像を歌に代入することも大事ではあるが、それが読みの「正解」となってしまうのであれば、それは無粋で野卑なルールと言う他はない。歌会でも評論でもそうだが、パズルを解くように、何か解答を捜すように行われるすべての行為は、暴力的で無粋であるということをひとまず認めねばならない立場にいる。自分の意図から外れてどれだけテクストが暴走できるか、というところには、一つの艶めく泉があるのである。


高安国世の百首アンソロジー(江戸雪選)は、江戸さんの気質が表れているせいなのか、気品のあるポエジーを湛える、良い歌が多いように感じられた。これをアララギ文明欄遺伝子満載の歌人が選んだならば、私が魅力を感じることはなかっただろう。塔の初期から連綿と続く生活意味主体のイデオロギー的な評価基準には、ほとほと飽きが来ているのである。

花ニラの白じろとして閉じんとす夕闇に濃き香りのこれり  『新樹』
ほの白きあじさいの顔重なれり夕まぐれ雨のやまんとしつつ  同
うみにわたすひとすじの橋はるけくてほそきしろがねのひびきとならん  『湖に架かる橋』

しかしながらこのアンソロジーを読んで、高安国世(作品)に染み付いている性質は清濁で言えば清、品のいい知識層のおぼっちゃんだったのだなあという感想をどうしようもなくいだいた。彼の歌は知的技術的に洗練されるほど淡くなってしまう。


他にも篠弘のマニアックで重厚な「短歌史上の高安国世『真実』から都市詠へ」も注目した。
小澤蘆庵
ご無沙汰です。
どうも忙しく更新できていませんが、これからまた更新していきたいと思います。
京大短歌19号の関係で日本古典文學大系の『近世和歌集』を読んだので、ついでに小澤蘆庵の選歌をやりました。
数字は該当ページ数です。

鶯はそこともいはず花にねて古巣の春やわすれはつらむ /小澤蘆庵259
よしさらばこよひは花の陰にねて嵐の櫻ちるをだにみむ 263
けふの日も入江かすみてゆく舟の跡なき波に春ぞくれぬる 269
けふくればあすもくれなんあすくればことしの春は殘らざるべし 270
くれぬるか春はこてふの夢のまになれみし花をおもかげにして 270
なにはにていかでとおもひし故鄕の垣ねの花は猶のこりけり 273

 月眞院にて月あかき夜かねをきゝて
月にこそひるのあつさも忘るゝを誰にねよとのかねひゞくらん 278
ふる雨にかやりの煙うちしめりいぶせくみゆるやぶなみの里 278
夏よりも猶たへまうき暑さかなすゞしかるべき秋ぞと思へば 280
うづまさの深き林をひゞきくる風のとすごきあきのゆふぐれ 282
のちにみむ人もあらむをけふの月ひかりをしまずてりつくすかな 283
月ひとりあめにかゝりてあらがねの土もとほれとてる光かな 283
そむくべきくまものこらぬあばらやは月にけちぬるあきのともし火 284
朝露にものすそぬらし妹がつむ野べの若菜にならまし物を 296
旅人のかづく袂に雨みえて雲たちわたる木曾のかけはし 298
花もみぢ何かはそへん人めなくしづかなるこそ嵯峨さがの山川 299

 おやあるときおもくわづらひけるに
をしからぬ命ながらもたらちねのあるよはかくてあるよしもがな 307
鳥すらも思ふおもひのあればこそかたみにねをばなきかはしけれ 314
ゆふだちは今ふりくめり遠方をちかたの雨のあしこそみえずなりぬれ 325
こん秋もなほよにあらば槿あさがほのはなをはかなと又こそはみめ 326

 かきくらしふる雪を見るがうちに七八寸ばかりになりぬ。文づくゑによりてあたりに火桶などおけど寒さたへがたう、墨すれば水こほり筆とればこゞえておつ。昔もかゝることはありしかどかうはさむからざりしなど思ひつゞけて
むかしへもかくやは雪にたへざりしふりぬる身こそくるしかりけれ 328
ふりおもる竹のしづくもおとふけて雨靜かなるよるのやま窓 329
月に日にかくおとろへばたましひのありともはては何にやどらん 329


「戀」について詠っているものはだいたいが読めたものではありませんでした。むしろ自然を(象徴的にせよ)詠むときに、彼本来のエロスと香気が表出しています。特に283頁の月の二首は小澤蘆庵の絶唱だと思います。
韻律批評について―或る火の歌をめぐって―
火のやうにさびしいひとにさはれずにただそばにゐてあたためられる(本多真弓「未来」12.12)

部屋が寒かったのだ。空を見ても雲がどこまでも続いているだけで、日向ぼっこなんてできそうにない。暖房も今付けることはできるが、直ぐには暖まらない。だから私は焚火をした。冬空の下、明け方に降っていたらしい雨にまだ湿っている枯草と木を集めて、火を付け、ほそぼそと火を繋いだ。そのどもるように燃える火を見ながら、私はこの歌を何度も暗誦していた。いや、それはすこしばかり正確でない。

火のやうにさびしいひとにふれられずただそばにゐてあたためられる

私はこう、暗誦していた。自らの記憶力を恥じるばかりだが、実際にこの三句目のほうがずっと心に沁みたし、その理由も言うことができる、気がした。

しかしそののち、twitterである方に第三句は元の「さはれずに」のほうが良い、と指摘された。彼は鍵アカウントであるのでここにその文章を引用することはできない。そして私はtwitter上の議論は双方が公開状態でないと気持ちが悪いという疾患を持っているので、その場で議論することはできなかった。ただ、彼の意見にはかなり承服しかねる部分があった、ということぐらいは言っても良いだろう。

すこし理屈のほうに寄せて考えるのを許してほしい。前歌(元歌)は二句から結句までそのすべての頭にaの音が表れており、頭韻が韻律を完全に支配するわけでは無いにせよ、短歌という五個の節の集合体においてはある一定のイメージを作り出す。ここをもう少し正確に言おうとすれば、句の後の休符などを解析せねばならないので、今は措く。あ、と発音してみるとわかるが、他の母音よりもわずかばかり高らかな、ポジティブな気配が感じられる。それに反してuは口をあまり開けることなく、口ごもるように発音せねばならない。それはごくごく小さな違いであるが、それゆえに、一首から受けるリアリティを大きく変質させるものである。(リアリティ、とは現実っぽいとかいう意味ではないので悪しからず。しかしここでリアリティ、と言い放つ際の違和感は何なのだろう。)前歌は「a」の感触が各節を通して単調に続くことによって一首のなかの主体の表情がある方向に一定であるのに対して、後歌は三節に「u」と口ごもりながら語り始める「ふれられず」が一瞬だけ主体の表情を曇らせる。うつむかせる。そこではじめて、「ただそばにゐてあたためられる」ことが切実な救いとして立ち上がってくるのだ。a音のもとに、どうしようもなく暖められる主体が浮かび上がってくるのだ。

確かに、「さはれずに」に比べて「ふれられず」はr音が何度も混ざって言いにくいという面はあるだろう。結句の「られる」が比較的言いやすいのに反して「ふれられず」が言いにくいということには、たぶん重複(「れ」を二度発音しなければならない)の問題が関わっているような感触を受けるが、専門知識がないのでいまは深入りしないでおこう。しかし、文章の韻律を論ずるときもっとも重要なのは、韻律が意味に作用するときである。思えば、先の二首において意味内容は殆どかわらないのである。ただ、韻律が違う。ここで大事なのは、aとuという音の違いが、意味世界への変質を齎しているということだ。「ふれられず」が言いにくいという事実は、意味世界への変質としての「u」という事実とは完全に次元を異にする。世にあふれるつまらない韻律批評の殆どは、意味を変質させないレベルでの好悪を語っていることから生じている。韻律の意味への作用を思うとき、一気に構造は多次元化する。(しかし意味というのも胡散臭い言葉である。言葉を使えば使うほど、水に張り付いて剥がれない水面のように「意味」が生じ始める。あるいは、作用するはずの意味を振り切った韻律が、しかし多次元化する、というのが理想なのだろうとは思うのであるが…。ここで私の思考は袋小路に入る。)

(補記)「に」の脚韻も、読み上げるときのイメージを単調にさせる。韻律批評でもっとも低劣なものとは、ここが頭韻だからリズミカルに読みやすい、などという一見正しそうに見えて根拠が無く、雑で一元的な見方であると、自戒もこめて最後に付しておきたい。

*この歌を含む月詠「HHG」はとても優れた一連です。以下のHPで参照できます。http://hibikino.cocolog-nifty.com/






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。