夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽岡歌会(岡井さんを囲んで)
*これは私的な一日の記録、日記でもある。

「左岸の会」などから連綿と続いてきた京都超結社歌会「神楽岡歌会」であるが、節目ということで岡井さんが来てくださった。さすがに岡井さんが来るということで、30人近くが集まる歌会となった。岡井さんはことあるごとに「歌会はやつぱり10人くらゐがいいんだよね」、と愚痴をこぼしておられたが…。前半が左岸の会などのインタヴュー、後半は駆け足の歌会となった。(Twitterによる実況を牧野さんがまとめて下さいました。http://togetter.com/li/476815)

さて、歌の批評はすっと受け流すようなものが多かったが、読みの精度が既知外じみていて、その歌における「最適解」(いやな言い方だが、そういう感触がしたのだから仕方ない)的な読みを何度も出されていた。関西のどこを見てもこんなレヴェルはないというくらい精鋭揃いの歌会であったが、そのメンバーが誰も気付かないようないい読みをさらりとなさったときは、まさに飛び上がりそうになった。姿や声調は「歴戦の前衛戦士も老いたか」という感触だが、批評は完全に現役。「貶されても嬉しくはないけど、元気になるよね。この頃は先生扱ひされるから元気がなくなつちやうんだよね」という言は、現役の戦士にしか発せないものである。どうでもいいが、殆ど皆が「岡井先生」と呼んでいたのに驚いた。

ちなみに岡井さんといえば歌会の得票数を気になさることでも有名だが、この歌会では
わたしの一票のみ。岡井さんの歌とは思わなかったが、それでもトップ岡井エピゴーネンとしての十分な力量を示すことができたと思う。(こんなことでいいのか…?)「ここが雨だったらクソなんですけど、雨のしぶきってなってるんですよね、そこがいいなあ(藪内)」と、あやうく彼の歌をクソ呼ばわりするところだったが、まあ批評はそれなりにこなせたという気がする。このとき彼はのけぞったらしいが、見逃した。痛恨。岡井式「それとは明確に言わないことで謎を残す」技術はほぼマスターしたので、今回の歌はわたしには読みやすかったのかなあと思ったり。わたしの歌に岡井票は入らなかったが、それでよかった。今回の邂逅で確信したのだが、わたしは岡井さんに認められたいとかそういう気持ちは全く持ち合わせていないのだ。なんというか、からんさんとか槐さんとかに認められたいなあ、みたいなことは思ったりもするのだが(下卑た考えだが)、岡井さんはもっとわたしのなかの価値としての存在がテクストに近いというか、ちょっと別の存在なのだとおもわれる。

懇親会では岡井さんの隣に座らせてもらった。島田さん、ミサコさん、大辻さんなどと話しながらも、何度も話を振ってくださって、数学と哲学にはほんとに超頭がいいやつがいること、永井さんの歌にリアリズム的職業詠が無いのはどういうことなんだ、今日の歌はどっちで読まれてもいいという風にわざとぼかしたんだということなど、幾つかお話することができた。心配りがあったのか、わたしの(角川12.12の?)歌を読んでくださっていたみたいで、言い方のニュアンスを忘れてしまったのだが「独自なところがあっていい」みたいに褒め?てもらったのが少し嬉しかった。というか認知されていて嬉しかった。麦酒も普通に飲まれていて、流石だなという感じ。この日は何度も、年齢と溢れ出る内在的なパワーの違いに驚かせられたのであった。

その後はいつものメンバーで二次会、十二時ごろに京都駅解散……の筈だったが、訳の分からない理由で某酒乱の二人に呼び止められて、疲れきっているのにオールして朝に帰宅したのだった。まじふぁっく。(13.03.23)

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。