夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「塔」13.05からの雑感
たまには結社誌のことも書いてみたい。5月の「塔」誌は高安国世生誕百年特集号。まだ読んでいる途中であるが、かなりおもしろい。先ず言っておきたいのは、私は高安国世を殆ど良いと思っていないという事実である。その上で猶、この特集には惹きこまれる部分が多かった。

次々にひらく空間 音もなきよろこびの雪斜交はすかいに降る  高安国世『朝から朝』

この一首には、「車の免許を取った高安が、運転することによって眼前に次々とひらいてゆく空間と、横を斜交に降りすぎてゆく雪とを描写することで、その喜びを表している」という永田和宏による解釈が有名だが、本誌座談会において永田淳は次のような解釈を提示している。〈永田(淳):これは傘を開いていくんじゃないんですか。傘によって空間ができていくというふうに僕はとってましたけどね。〉私にはこの解釈が非常に魅力的におもえる。前者の解釈は、あまりに理が勝ちすぎる。文学の研究者のように、歌の作者の実像を歌に代入することも大事ではあるが、それが読みの「正解」となってしまうのであれば、それは無粋で野卑なルールと言う他はない。歌会でも評論でもそうだが、パズルを解くように、何か解答を捜すように行われるすべての行為は、暴力的で無粋であるということをひとまず認めねばならない立場にいる。自分の意図から外れてどれだけテクストが暴走できるか、というところには、一つの艶めく泉があるのである。


高安国世の百首アンソロジー(江戸雪選)は、江戸さんの気質が表れているせいなのか、気品のあるポエジーを湛える、良い歌が多いように感じられた。これをアララギ文明欄遺伝子満載の歌人が選んだならば、私が魅力を感じることはなかっただろう。塔の初期から連綿と続く生活意味主体のイデオロギー的な評価基準には、ほとほと飽きが来ているのである。

花ニラの白じろとして閉じんとす夕闇に濃き香りのこれり  『新樹』
ほの白きあじさいの顔重なれり夕まぐれ雨のやまんとしつつ  同
うみにわたすひとすじの橋はるけくてほそきしろがねのひびきとならん  『湖に架かる橋』

しかしながらこのアンソロジーを読んで、高安国世(作品)に染み付いている性質は清濁で言えば清、品のいい知識層のおぼっちゃんだったのだなあという感想をどうしようもなくいだいた。彼の歌は知的技術的に洗練されるほど淡くなってしまう。


他にも篠弘のマニアックで重厚な「短歌史上の高安国世『真実』から都市詠へ」も注目した。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。