夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川10月号・佐藤佐太郎特集に寄せて
角川10月号。「霊喰ヒM」50首を載せていただきました。提出後、一首一首に○や?を付けてくださったりなど編集部のかたがたの御陰もあって、自分の中ではかなり前衛なものに仕上がりました。角川の50首は三作目。(たぶん最後。)


それはさておき、今号は佐藤佐太郎特集。彼の歌はおごそかで静謐で、でもそこには最高にカッコいい信念が見え隠れしている。力のこもった文章が多く、読んでいておもしろかった。

 つちひくく咲きて明らけき菊の花音あるごとく冬の日はさす  『帰潮』

精確に書かれてこそいないが、地面すれすれに咲いた花の生命力を感じる。「tutihikuku」のuの口ごもる感触から「sakite akarakeki」という響きへと到る、韻律が作用しているのかもしれない。佐太郎の眼は、地面ひくくに咲いている花を、見逃しはしない。「音あるごとく冬の日はさす」が、ここに雑音は無い。

 かいくだり来る人ありてひとところ踊場おどりばにさす月にあらはる  『地表』

勿論、このようにポエティックな把握の歌も作りうる。人が「上り」ゆくのではなくて、「くだり来る」のだというところに、何というか、じんとしたものを感じざるを得ない。

 秋分の日の電車にて床にさす光もともに運ばれて行く  『帰潮』

佐太郎は、人をうたうときも、花をうたうときも、常に厳かな対象化を忘れない。むしろ、その対象化=自らとの引き離しにより起こる一種の真空状態によって、電流のような緊張感を歌に与えていることが多い。しかしながらよくみると、彼の歌にはあたたかい目が、ヒト、自然、他の種々へとほぼ対等に(この対等さを、私は愛して止まないのである!)向かっていることがわかる。掲歌がすごいのは、「光もともに」の「も」だ。凡百の作り手ならば、「光とともに運ばれて行く」とし、無意識下で一首の主人公、メインの登場人物を「私」に設定してしまうところだ。佐太郎はそんなことはしない。彼にとってはおそらく、「地ひくき」花も、「床にさす光」も、ともに一首に血を与える心臓であり、たったひとりの主人公なのである。素晴らしい。


スポンサーサイト
氾濫寸前2013-09-16
Evernote Camera Roll 20130916 001043

ご無沙汰です。
今日は京都方面を颱風の雨雲が直撃した影響で、近くの川が氾濫しそうになってました。あと二メートルくらいで堤防を超えそうです。雨は朝には上がったのですが、上流に降っているらしくしばらく水は引きませんでした。これが切れたらうちの近くはすべて数メートルの水に沈みます。。
桂川、鴨川がチョコレートの反乱みたいになってましたが、近くの方は大丈夫だったのでしょうか……。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。