夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想念
遂に修論と、大学院での最後のレポート(となるはず…)を提出した。
修論発表会の後には一人でカラオケにでも行こうと画策していたのだが、本番であまりに緊張したせいで、口中の水分がすべておなかに行ってしまったらしく、咽喉への深刻なダメージと腹痛が発生。カラオケは中止し、家でぐったりとしていた。相手が生徒だったり観客であれば発表は楽しいのだが…。



今日は稀な冷え込みで、庭にも雪が降っていた。雪は、想像のように一つの方向にばかり降るわけではなく、非常に綿密で複雑な動きによって風の流れを次々に空間へと彫刻していた。もしも風が私たちに見えたなら、あのように、生物の触手が自らに複雑に巻き付き絡み付くような、ゴルゴンの蛇の頭のような、自らの身体のなかにまた蠢く身体をマトリョーシカのように持っている、おぞましいものに見えてしまうかもしれない。しかもその上で、それをとても美しいと思ってしまうかもしれない。



『一角獣と貴婦人』のタペストリーを見に行ったことがある。貴婦人が風の中で、旗を片ほうの手に、一角獣の角をもう片ほうの手に握っている。「その角が、もし悲しみであるならば、悲しみとはこうも毅然としていられるものなのだろうか?」(『マルテL.B.の手記』)。旗が風を受けているのは、風の一瞬である。旗に一瞬の形象を束ねられている、そしてそれまでとその後で見えずに絡み合っているだろう、風の厖大な身体をおもう。



悲しみは毅然と立ち尽くし、さびしさは疾走するだろう。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。