夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤホン
先日京都駅を歩いているときに、イヤホンのゴムの部分が無くなっていることに気付いたので、すぐにヨドバシカメラに新しいものを買いに行った。二時間ほどかけていろいろ聴き較べをしてみたのだが、そこで別格に素晴らしいなと感じるものを見付けた。

値段は1万円強。機体が大きすぎる(私は重くてよく落ちるイヤホンは大嫌い)し、ちょうど手持ちが無い。やっぱり諦めようかとも思ったが、しかし何度聴いても素晴らしい。低音から高音への移行が非常に滑らかで、飛行機の離陸のときのようなソリッドな重力を感じる。というわけで、やっぱり近場でお金を下ろしてきて買ってしまった。

東芝のRZES70というモデル。マイナーなようだが、特にロックの重低音・クラシックが映える。よく耳から落ちるけど。。


そういえば、『うた新聞』に巻頭評論「ほとんど錯覚に近い、幽かな」をのせていただきました。よく語られるリアリティというものについて、リアリティの本質的性質とは何か? リアリズム失効の時代にリアリティという批評は意味を持つのか? など、検討した文章です。よろしければ、お読みください。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。