夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韻律批評について―或る火の歌をめぐって―
火のやうにさびしいひとにさはれずにただそばにゐてあたためられる(本多真弓「未来」12.12)

部屋が寒かったのだ。空を見ても雲がどこまでも続いているだけで、日向ぼっこなんてできそうにない。暖房も今付けることはできるが、直ぐには暖まらない。だから私は焚火をした。冬空の下、明け方に降っていたらしい雨にまだ湿っている枯草と木を集めて、火を付け、ほそぼそと火を繋いだ。そのどもるように燃える火を見ながら、私はこの歌を何度も暗誦していた。いや、それはすこしばかり正確でない。

火のやうにさびしいひとにふれられずただそばにゐてあたためられる

私はこう、暗誦していた。自らの記憶力を恥じるばかりだが、実際にこの三句目のほうがずっと心に沁みたし、その理由も言うことができる、気がした。

しかしそののち、twitterである方に第三句は元の「さはれずに」のほうが良い、と指摘された。彼は鍵アカウントであるのでここにその文章を引用することはできない。そして私はtwitter上の議論は双方が公開状態でないと気持ちが悪いという疾患を持っているので、その場で議論することはできなかった。ただ、彼の意見にはかなり承服しかねる部分があった、ということぐらいは言っても良いだろう。

すこし理屈のほうに寄せて考えるのを許してほしい。前歌(元歌)は二句から結句までそのすべての頭にaの音が表れており、頭韻が韻律を完全に支配するわけでは無いにせよ、短歌という五個の節の集合体においてはある一定のイメージを作り出す。ここをもう少し正確に言おうとすれば、句の後の休符などを解析せねばならないので、今は措く。あ、と発音してみるとわかるが、他の母音よりもわずかばかり高らかな、ポジティブな気配が感じられる。それに反してuは口をあまり開けることなく、口ごもるように発音せねばならない。それはごくごく小さな違いであるが、それゆえに、一首から受けるリアリティを大きく変質させるものである。(リアリティ、とは現実っぽいとかいう意味ではないので悪しからず。しかしここでリアリティ、と言い放つ際の違和感は何なのだろう。)前歌は「a」の感触が各節を通して単調に続くことによって一首のなかの主体の表情がある方向に一定であるのに対して、後歌は三節に「u」と口ごもりながら語り始める「ふれられず」が一瞬だけ主体の表情を曇らせる。うつむかせる。そこではじめて、「ただそばにゐてあたためられる」ことが切実な救いとして立ち上がってくるのだ。a音のもとに、どうしようもなく暖められる主体が浮かび上がってくるのだ。

確かに、「さはれずに」に比べて「ふれられず」はr音が何度も混ざって言いにくいという面はあるだろう。結句の「られる」が比較的言いやすいのに反して「ふれられず」が言いにくいということには、たぶん重複(「れ」を二度発音しなければならない)の問題が関わっているような感触を受けるが、専門知識がないのでいまは深入りしないでおこう。しかし、文章の韻律を論ずるときもっとも重要なのは、韻律が意味に作用するときである。思えば、先の二首において意味内容は殆どかわらないのである。ただ、韻律が違う。ここで大事なのは、aとuという音の違いが、意味世界への変質を齎しているということだ。「ふれられず」が言いにくいという事実は、意味世界への変質としての「u」という事実とは完全に次元を異にする。世にあふれるつまらない韻律批評の殆どは、意味を変質させないレベルでの好悪を語っていることから生じている。韻律の意味への作用を思うとき、一気に構造は多次元化する。(しかし意味というのも胡散臭い言葉である。言葉を使えば使うほど、水に張り付いて剥がれない水面のように「意味」が生じ始める。あるいは、作用するはずの意味を振り切った韻律が、しかし多次元化する、というのが理想なのだろうとは思うのであるが…。ここで私の思考は袋小路に入る。)

(補記)「に」の脚韻も、読み上げるときのイメージを単調にさせる。韻律批評でもっとも低劣なものとは、ここが頭韻だからリズミカルに読みやすい、などという一見正しそうに見えて根拠が無く、雑で一元的な見方であると、自戒もこめて最後に付しておきたい。

*この歌を含む月詠「HHG」はとても優れた一連です。以下のHPで参照できます。http://hibikino.cocolog-nifty.com/

スポンサーサイト


コメント

記事、拝読しました。
頭韻の a と脚韻の「に」によって、読み下しが単調になる、というのは、半分は同意です。
(「a」が「ポジティブ」か、というのはさておいて。)

さて、「さはれずに」と「ふれられず」のどちらがいいかですが、私は「さはれずに」を推したい。

「ふれられず」の場合、確かに記事の説のように、「ふれられず」に焦点が当たります。
それは「主体」と「ふれられ」ない人とのあいだにある、異質な空気のようでもある。

ですが、「さはれずに」の場合、「さはれずにただそばに」まで読み下したところで「ゐて」とくる。
「ある」ではなく「ゐる」こと、その静的な、けれどアクチュアルなたたずまいが、この歌の主眼だと考えます。「火のやうな」人との対比は「ゐて」にかかっている。
そして、どうしようもなく「あたためられる」、そういう歌なのではないでしょうか。

「ふれられず」の方が、火の「やう」な人と「ゐる」主体との距離感がクローズアップされますが、そうすると「あたためられる」という事実が「火」の比喩だけにかかってしまいます。だからここは「さはれずに」で流れていく方がよいと考えます。

(まあ、反対のための反対であるようにとらえられると、少々残念ではあるのですが、これが私の率直な評です。)
[2012/12/31 01:06] URL | 古田祥一 #- [ 編集 ]

Re: No title
読んでくださってありがとうございます。

「ふれられず」に焦点があたるとは書いていません。もちろんこの歌の眼目、華は下の句の諦念、佇まいにあるでしょう。しかし下の句の静かな華々しさは、単調に「に」の勢いによって流れ込むべき種類のものでは無い。私の理論に沿ってやや傲慢に言い切れば、それは三句目の沈み込み―陰の焦点とでもいうべき「ふれられず」が起こす、重心の移動によって得られる。確かに、「ふれられず」ならば不用意に「あなた」との関係性というものがクローズアップされてしまうということも在ると思います。しかしながらそれ以上に、このときの重み、表現の背後からゆっくりと押し出されていく重さを帯びた下の句に、「さはれずに」では到底太刀打ちできないというように私は思うのです。

さて、あなたにはもう論争を仕掛けないで頂きたい、と申し上げたはずなのですが、お忘れになられたのでしょうか。もう三度、四度ほどtwitterでお話させて頂きましたが、あなたとは全く議論が噛み合わない(噛み合わせる気がないのでしょうか?自分の言いたいことばかり言うような人と議論を噛み合わせる技倆は持ち合わせておりません)上、あなたの性格のゆえに私に過大なストレスがかかります。率直に言います。もう私に関わるのは勘弁してください。私のあなたへのコメントはこれで以上です。(藪内亮輔)
[2013/01/03 01:57] URL | 藪内亮輔 #- [ 編集 ]


コメントいただき、ありがとうございます。
「話ができない」とは聞いた覚えがありますが、「論争を仕掛けないで」とは書いていなかったもので。
(「論争」なら非私的に進められるのですが。)

(しかし、あれにしても、「直接、話をしましょうか」と振ってきたのは藪内さんの方で、わたしが「じゃあ旧月のあとにでも」と返すと、その直後、「あなたとは話ができない」、その理由が傷つくから、でしたか。半年ほど前の話で、記憶力の悪い私のことですから、さて、どうだったでしょうか。)

わたしの読み方ですが「さはれずに」に必然性があるという前提で読んでいるわけです。
それで、「ゐて」の一語、この一語が及ぼす効果が、この歌の主眼だと。
それには「ふれられず」は、不要だと。

藪内さんによる「改作」とどちらが優れているか、という話ですが、まあ、「私の理論」の詳細がわからない以上、議論にはなりませんね。

「あなたの性格」にしろ、「評価的な書き方」がすきなんだなあ、藪内さんは。
[2013/01/05 23:04] URL | 古田祥一 #- [ 編集 ]

Re: No title
返信しない、と言いましたがすみません、すこしだけ。

確かに「論争をやめてほしい」とは言わなかったかもしれません。(すみません。)しかし私の反応、リプライを読めば、通常の感覚を持った人であれば行間を読める筈だと思います。あなたが引用なさった「直接話をしましょうか」までには多くの議論のすれ違い、私の嫌悪があった筈です。あなたはだから駄目なんですよ、歌も、批評も。表面上しか読もうとしない。読みに行かない。他者の深みへと自分自身を投げ出すことをせずに、自分に閉じこもって、他者を批判、皮肉する。もっと他者を見たらどうですか。本当にあなたは、そこに、生きてるんですか?せめて一般人のレベルで話し合いが出来るようになってから、出直してきて下さい。今のあなたと話していても、時間の無駄です。

「私の理論」については、「京大短歌」十七号・十八号に各一万字程度で論じております。ご参考に。
[2013/01/06 04:05] URL | 藪内亮輔 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://umoznikki.blog.fc2.com/tb.php/35-e2ac387e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。