夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

率5号について
「率」の5号が出ました。
特集は「インターテクストの短歌史」。先行歌人と後進歌人との影響関係について、師を(作品的位相において)殺して超えてゆく、という今までの「師弟関係」的なバイアスをとっぱらって考えてみようじゃないか、という特集です。吉田隼人さんの塚本邦雄・寺山修司論(前前号では寺山の作品の引用性を「順列組み合わせ」によって照射して楽しかった)、永井祐さんの土屋文明論、近藤健一さんのやまだ紫と河野裕子など、すごい号になっていると予想します(まだ見てない)。

僕は「岡井隆ノート2 (後期岡井と土屋文明における無造作さと切断、〈裸体の回想〉的文体について)」ということで、斉藤斎藤さんの岡井隆論への反論を杖にして、土屋文明の文体技術と岡井のそれをすこしばかり較べてみる、という小論を書かせて頂きました。近年の岡井への明晰ですばらしい批評たちが、しかし「文体」や「私=一人称的キャラクター」という地点に留まってしまっており、岡井の本当に目指しているのであろう核を却って見失ってしまっているんじゃないか、という危機意識によって書かれています。その核というのは、ここでの明言は避けますが、「裸体の回想=いき」、の向こうにあるんじゃないかなと。また、隼人さんは巻頭言で、岡井を師弟関係・純粋培養アララギアンとして象徴的にお書きになっていますが、その用い方は少しだけ不正確だなと思ったので、本文章にはそこへのアンチとしての意味合いも持たせてあります。

まだ文フリでしか手に入れられないようですが、またこちらの手に入ったら、おっしゃってくださったら送る、という形に出来ると思います。

他には、作品50首「ラブ」も載せてもらってます。歌ができてしょうがないときの作品です。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://umoznikki.blog.fc2.com/tb.php/52-2ee32115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。