夕鵙日記
短歌のblogです。
プロフィール

藪内亮輔

Author:藪内亮輔
短歌をやっていますが詩もすきです。結社「塔」編集委員、京大短歌、歌誌「率」所属。

近作→「歌壇」11月号「天と嘘」12首/角川「短歌」10月号「霊喰ヒM」50首/「文藝春秋」6月号「あまりにも美しい夕焼けが来たときのために」5首/「率」3号「藪内亮輔展~凡才でごめんなさい~」29首

評論近作→「率」3号「短歌にとって瞬間とは何か」/「現代詩手帖」9月号「岡井隆への手紙」/角川「短歌」5月号「斎藤茂吉論」

メール、ご依頼→yabusnake31(あっとまーく)gmail.com



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



Counter



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部真里子批評会
服部さんの『行け広野へと』批評会に行ってきました。

行ってみると大盛況でしたが、パネラーの批評に別の視点を示唆されて、よい会でした。パネラーは水原紫苑さん、染野太朗さん、吉田隼人さんに、司会が田中槐さん。槐さんの安定感。

個人的には染野さんの(以下藪内の主観的な略)

〈名詞が目立つ、と思われがちな歌集だが、むしろ助詞が特異であることが発端となって、名詞同士のぶつかり合いに似た関係性が生まれている〉

という指摘がなるほどと思いました。

「戦って勝つために生まれた」などの歌がキリスト教的であるという指摘もありました。

次の日に謎のメンバーで歌会をして、飲んでから帰途につきました。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://umoznikki.blog.fc2.com/tb.php/55-887f77e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。